岡村歯科医院 | 豊中市の歯医者 阪急宝塚線「庄内」駅より徒歩7分

大阪府豊中市庄内西町5-17-1

06633130910663313091 診療時間

小児矯正

小児矯正について

小児矯正について 「将来的に矯正治療が必要になるのか?」 「いつから矯正を始めればいいのか?」など、お子様の歯並びが心配で困っていませんか?
矯正治療の「必要性の有無」「開始時期」「治療法」は下記の要因を診査して総合的に判断するために、患者さまによってそれぞれ異なってきます。 小児矯正の診査するポイント ・年齢 ・歯の大きさ ・アゴの成長のバランス ・指しゃぶりなどの悪習癖があるかどうか ・反対に咬んでいる歯があるかどうか ・先天的な永久歯欠損があるかどうか ・先天的に小さな歯(わい小歯)があるかどうか ・正しい位置に歯が生えているかどうか ・永久歯が萌えるスペースがあるかどうか ・虫歯の治療を行った歯があるかどうか ・永久歯、乳歯の萌出状況 ・奥歯の咬み合わせの状態 ・前歯の咬み合わせの状態 ・上下の歯のセンターラインの位置 ・口元の突出感 ・希望の矯正装置・装置への協力性 ・ブラッシング技術。
このようなに様々な要因を診査して、矯正治療のお子様にあった適切な「必要性の有無」「治療法」「開始時期」を検討していく必要があります。まずはお口の中を拝見し、診査した上でアドバイスさせて頂きます。 「予防への第一選択」 小児矯正治療とは成長にあわせ長期的に口腔内を管理し、正しい位置に永久歯を誘導したり、アゴの成長のコントロールをおこないます。
それにより将来的な歯並びの不正や虫歯を予防することが可能です。

小児矯正治療では・・・

歯ブラシの基本を身につけ、歯並びに影響する習癖(爪咬み、指しゃぶり)があれば除去していきます
乳歯の虫歯は歯の正しい交換を妨げる原因となります。
また悪習癖は将来の歯並びに影響します。
正しいブラッシング法を身につける事は虫歯を予防するだけでなく歯並びにとっても大切なことです。

アゴの骨の成長をコントロールします
上と下の歯が反対に咬んでいる場合、アゴの骨の成長バランスに悪影響を及ぼすことがあります。
早期に正しい咬み合わせに改善し、正しい骨格形成をうながす必要があります。
アゴの骨の成長をコントロールする装置は取り外し式のタイプから固定式のタイプまでいろいろあります。

大人の歯(永久歯)が生えてくるためのスペースをつくります
虫歯になって早期に乳歯が抜けてしまったり、6歳臼歯(第一大臼歯)が通常の位置より前方に生えてくれば、将来の永久歯のためのスペースが不足する場合があります。
乳歯の脱落で空いたすき間を確保したり、6歳臼歯を正しい位置に動かしたり、アゴの骨や歯列を広げることで、永久歯が生えてくるためのスペースを確保します。

負担の少ない装置を使用します
たとえ小さなお子様でも、歯に付いた矯正装置が気になるものです。
コンプレックスのない明るいお子様になっていただくためにも、子供にとって精神的な負担の少ない装置を作製しています。

診療案内 医療費控除について 岡村歯科医院ニュース